クーペ 中古

クーペの中古車であなたにピッタリな車を楽々見つける方法を大公開

ティーダラティオ(日産)とは

 

ティーダラティオ(日産)とは、日産のセダンです。
2004年10月30日に登場し、現在2代目モデルが、
2012年からと中国・北米仕様が2011年より販売しています。

 

 

ハッチバックモデルのティーダの派生車種になり、
上質でまったく新しいセダンをコンセプトに開発されました。
サニーの購入層をカバーする意味では、
サニーの後継車種とも言えますが、
決してサニーの後継車種として開発されたわけではありません。

 

 

 

2006年6月からは、北米市場で
「ヴァーサセダン」の名で販売が開始されました。
また、2008年1月には、2009年からのクライスラーへの
南米市場向けOEM供給が合意されています。

 

 

2012年10月には、日本国名向けのフルモデルチェンジが行われ、
ティーダが2代目ノートに統合する形で、
日本国内での販売が終了しました。
これにより、車名も「ラティオ」に改名されています。

 

 

 

現行型は、2010年12月に、広州モーターショーにて、
中国版ティーダラティオ「サニー」のフルモデルチェンジが発表されました。
新開発のVプラットフォームを採用し、エンジンはHR15DE搭載。
2011年4月、ニューヨークモーターショーにて、
北米版ティーダラティオの「ヴァーサセダン」の
フルモデルチェンジが発表されました。
日本では、2012年10月5日に、新型「ラティオ」として発売が開始されました。